ふだん使っていないものは?必要なものを見極めて

引越が決まったら、ふだん使っていないものを思い切って処分してみませんか。使わないものを引越前に処分しておけば、すっきり片付いた新居で新生活を始めることができるからです。押し入れやクローゼットにしまい込んでいる持ち物は、まず手に取ってみて、「使っているもの」か「使っていないもの」なのか判断しましょう。判断しにくいものは、無理に捨てる必要はありません。引越前の片付けでは、ふだん使っていないものを見つけて荷物を減らすことが最大の目的だからです。

不要品はどうする?引越の不要品処分はスピードが命

不要品はできるだけ手早く処分してしまいましょう。売れそうなものはリサイクルショップに持ち込むか、宅配買取サービスを利用するのがおすすめ。フリマサイトやオークションに出品する場合は、買い手がつきそうなものだけに絞りましょう。出品した不要品が確実に売れるとは限りません。また、出品した不要品の数が多いと、引越の片付けや手続きをしながら商品の発送作業に追われるといった事態にもなりかねないからです。

実践すると後が楽!引越の片付けを楽にするために

新居に持って行くものを梱包した後は、段ボールにメモを書いておきましょう。油性マーカーなどを使用して大きめの字で書いておくと、何が段ボールに入っているのか一目瞭然です。搬入する際に荷物をどの部屋に運ぶかの判断がしやすくなり、新居の片付けもはかどります。退去後の掃除が必要な場合は、引越当日に使う掃除道具は間違って梱包しないように確保しておきましょう。引越後は荷解きに追われることになります。トイレットペーパーやタオルなど、新居ですぐに使いそうなものはひとつの箱にまとめてしまうか、手荷物として持ち運びができるようにしておきましょう。

不用品の回収を専門業者に依頼する際は、事前に見積書の作成をお願いしましょう。口頭だけでは証拠として残らないので、書面で作成することが重要です。