現地に足を運んでの下調べ

貸し倉庫を利用する上で重要なポイントとなるのが下調べです。一見すると当たり前のようにも感じられますが、利用者の中には下調べもせずに契約をして、置き場がなくなったら預けるといった漠然としたイメージで契約をする人も少なくありません。その結果、いざ荷物を預けようと思った時にサイズが合わずに入れることができない、保存に適した環境ではないなどの理由で使用できないという失敗例は多くあります。事前に荷物の種類や大きさを確認して、契約前に現地確認をしておくことが必要です。

業者を選ぶ時の見極めのポイント

需要の増加に伴って倉庫のレンタルを生業としている業者の数は増えていますが、運営方法によって利便性が大きく異なります。比較的多い貸倉庫業法に基づいて運営が行われている業者は、法律に則って高いセキュリティー対策や、エアコンの完備など安心かつ快適な環境が整っているのが特徴です。ただし、これらの設備の維持に費用が掛かってしまうため、利用料金が高くなってしまうこともあります。

それに対して住居と同じ賃貸住宅法の管理下で運営されている貸倉庫業法に比べて制限が少なく、小さいスペースを格安の料金で借りられるのがメリットです。その反面、荷物の盗難や破損といったトラブルに対する保証が受けられないので注意が必要です。温度管理のミスによる荷物の品質劣化、セキュリティー対策の甘さが招いた盗難の被害などのトラブルに遭わないためにも、口コミなどで信頼性を確認しておくことが大切です。

物流とは主に、生産者と消費者を結ぶもので、その多くをトラック輸送が担っています。インターネットを介しての商品のやり取りが増え続ける現在、新たな対策が必要とされています。