ビジネスパートナーとしての意識が高まったから

営業代行サービスを利用する企業が増えてきた理由として何よりも大きいのはサービスが向上したからです。営業代行サービスが顧客企業を獲得するにはただ言われた通りにサービスをするだけでなく、ビジネスパートナーとして一体感を持った営業を展開していくことが必要だという認識が広まりました。その意識を持って改革を続けてきた企業や、新たにサービスを始めた企業が活躍するようになっています。

営業手段が多様化してきたから

営業代行の人気が高まっているのは営業手段が多様化してきたのも理由です。昔から行われている飛び込み営業やルート営業だけでは新規顧客開拓が難しく、多様な顧客を獲得するにはインターネットを使用した営業戦略も必要になっています。昔から営業職で活躍してきた人もITに長けているとは限らないため、なかなかインターネットの活用に成功しないこともよくあります。その打開策としてプロである営業代行業者に依頼してオンラインでの営業を展開するようになっているのです。

アウトソーシングが流行してきたから

企業によっては営業をアウトソーシングしてしまうケースもあります。営業部隊を社内に置くのをやめることで教育にかかるコストも含めて人件費などを削減するのを目的としています。アウトソーシングによる事業効率化が進められている影響で、営業についてもアウトソーシングするという傾向が生まれてきているのです。その成功事例が増えてセミナーなどで知られるようになるにつれて営業代行サービスを利用するケースが増えてきています。

営業人員を正社員で抱えた場合「固定費」として計上しますが、営業代行の場合外注扱いになるため「変動費」として計上します。