会社設立と比べて極めて簡単

1人の人が会社を設立したいと思った場合、様々な決め事を作ったり色々な期間に足を出向いて書類を提出したりと、かなりの手間がかかります。つまり、今日会社を開始したいと思って明日設立できるわけではありません。一方、自営業(個人事業)の始め方は極めてシンプルです。あらかじめ時間をかけてビジネスの構想を練り上げているのであれば、手続き的には税務署に対して個人事業の開業届を提出すればはじめられます。しかも開業届は税務署に足を運んで提出する必然性はなく、税務署が遠かったり時間がない場合は郵送でもOKです。具体的には国税庁のホームページから書類をプリントアウトし、必要事項を記入して郵送するという形もとれます。

事業開始後に書類を提出する形でも良い

会社というものはきちんと手続きが完了してからでないと本格的な活動を行ってはいけません。一方、自営業はそのあたりの制約がなく、事業を開始した後で書類を提出する形でもOKです。ただし、長期的に放置したままでいいわけではなく、1か月以内には提出する必要がありますので、その点は覚えておく必要があります。

提出したら確定申告のやり方を勉強する

自営業者というものは、会社勤めの人とは違って必ず一年に一度は確定申告の作業を行なう必要があります。「開業初年度は所得税完全免除」といったような事は一切ありませんので、開業届を出したら翌年春の確定申告に備えて勉強を開始する必要が出てきます。ただ手順自体は簡単ですが難しい専門用語がたくさん登場しますので、秋に事業を開始して覚えきれないまま年を越してしまった場合は税理士さんに任せるのも手です。

フランチャイズとは運営の主体が本部にあり、本部のノウハウを商品に活用するのに対して、ボランタリーチェーンとは基本的には加盟各社がそれぞれ独立性を維持したまま、本部のノウハウを活用する仕組みです。