発注に関わる業務の外部への委託

通販サイトを営む場合には、受注を受けた後から発注までの業務を効率化することが大切です。在庫の管理から、商品の発送などの業務を、顧客管理と連携して進めることが出来なくては、売上の向上へ結びつけられないからです。サイトから注文を受けた後の発送業務を外部に委託することで、自社ではマーケティングなどの営業活動に専念できるようになります。企画や販促を中心としたクリエイティブな業務に専念できる社内体制が整うのです。

通販サイトの発送業務を請け負う通販物流会社では、小ロットからの対応も可能です。規模の小さなサイトの場合には、発送に関する業務に従事する社員を雇用する余裕がない場合も珍しくはないものです。通販物流を活用することで、少ないコストでのサイト運営を実現できるのです。

顧客サポートへの対応も可能

通販物流の会社では、発送後の顧客からの問い合わせにも対応してくれる場合も多いです。商品を届けた後のクーリングオフや、初期不良などの問い合わせに対応するコールセンターを備える通販物流の会社は少なくありません。一般的に通販サイトからの注文は24時間行なわれますから、通販物流の会社では、夜遅い時間や、早朝などのタイミングでも対応できるケースも多かったりします。自社の業務量に応じて、対応する量を調整したり、発送時間を変更してもらうなど、柔軟な対処が行えるのです。顧客管理システムを社内に導入している場合には、クレーム処理などとの連動も行える場合もあります。

商品が売れ始めたら、在庫管理や発送業務を通販物流代行会社に委託した方が効率が良いのです。自身は次なる飛躍のために販売促進に全力を注ぐことが重要です。