日常生活の中で自作したい家電がある

会社や自宅にいて、新しい機能のついた家電が欲しいときがあります。電気製品の自作に興味があったり、実際に自作の経験があったりすると、そこから「この家電、自分で作れないかな」と考えるものです。ここでは、実際にどんな電気製品を自作できるのか、自作電気製品の王道を紹介します。

自作のメリットはコスパが良さと自分好みのデザイン

自作で電気製品を製作する一番のメリットは、コスパにあります。自作で家電を作った方が、デザインが周囲の環境にあったものになります。これが二つ目のメリットです。またお子さんがいらっしゃる家庭の場合、お子さんと一緒に自作することで、電気製品の構造に対する理解や、工具の使い方など、様々な教育効果が得られます。これが三つ目のメリットです。

自作の王道はパソコン、センサー。教育効果なら?

自作電気製品の王道はなんといってもパソコンです。パソコンは用途によって、必要なパーツの性能が変わります。自作であれば柔軟に性能を代えられます。また、パーツだけを入れ替えるだけで、最新の性能のものをそろえることも可能です。センサー付きの照明を設置する人もいます。人感センサー付きのトイレ照明や廊下の照明を作ります。中古品を購入して分解し、センサー部分を既存のものに組み入れて作るのが一般的です。教育的な効果を狙うなら、ロボットを作るというのもいいでしょう。自作用のキットがすでに販売されていて、それを作ってロボットを組みます。はんだ付けが必要なキットもあり、プラモデルよりも本格的に機械作りの基礎が学べます。

自作電気製品の製作には自作を越えたメリットがある

今まさに自作で電気製品を始めようとしている人や子どもがいる家庭では、電気製品の仕組みを学べるのもメリットです。ぜひ挑戦してみてください。

プリント基板設計の求人は、中途採用が中心となっています。特に、CADの操作と回路設計の経験が求められます。