電気製品の自作は簡単!

電気製品を自作しようとしても難しいというイメージを持つ人もいるかと思いますが、実は簡単に作成することができます。電子回路図の設計を1から全部作ると時間は掛かりますが、インターネットに作り方が記載されていたり、手順を動画に収めてアップロードしている人もいます。真似をしながら作ることで、短時間で自分だけの電気製品を自作することが可能です。また、何もわからない人は電気製品の作成キッドが販売されているので、購入して組み立ててみると、電子回路やハードについて理解が深まります。

電気製品の自作は市販よりもコストが安い

自作するメリットの1つとして、安いコストで電化製品を手に入れることができます。作成キッドや既存品を組み合わせるだけでも市販品より安く済ませることができ、1から回路図を作成して3Dプリンタなどで構築すると市販品の半分のコストに抑えることができる場合もあります。更にデザインを自分好みにアレンジしたり、自分が使いたい機能を搭載することも可能です。更にECUを搭載する場合は更に自由度が高くなるので、ものづくりが好きな人におすすめです。

最初に自作するものは何がいい?

最初に自作するものは簡単な電子回路とアクチュエーターで構成されている電気製品がおすすめです。アクチュエーターとは電圧を掛けることで機械的な動きをし、動作を発生させる装置です。簡単な物で言えば、扇風機を作成する際、モーターと乾電池だけで作成できます。モーターに電圧を掛けることで回転し、モーター先についている扇風機の羽が回転します。アクチュエーターの種類を学んで組み合わせることで複雑な電気製品を作ることも可能です。

プリント基板実装は、電子部品をプリント基板上で結合して電気的な接続を実現する工程です。実装方法は3種類あり、電子部品の形状に応じて選択します。