経費の削減につながる

自社で運転手を雇おうとすると、月給・ボーナス・社会保険・福利厚生など、さまざまな経費がかかります。しかし、運転手を外部に委託することでそれらの経費はかからなくなり、運転手一人当たりに支払う経費のみで済むことになります。運転手を派遣してもらうようにすれば人件費が削減でき、運転手の募集や教育にかかる費用や手間もなくなります。

労務管理をしなくて済む

運転手を自社で雇う場合、運転にかかわる労務管理や事務処理などの業務を行う必要があり、そこに人件費や時間がかかってしまいます。しかし、派遣された運転手の場合は、そのような業務を行う必要がなくなり、その結果、その分の会社の業務が減り違う業務に時間をあてることができます。また、自社で雇っていた場合、運転手が病気や事故により急に出社できないという事態になれば、容易に運転手を確保することはできません。一方で派遣の場合は、確実に人材を確保することができるので、不測の事態にも焦ることもなくなります。

運転手を教育する手間がかからない

自社で運転手を募集し雇った場合は、運転手の教育を一から始めなければなりません。マナー教育から始まり、技術面での研修、運行ルートについてまでやらなければならないことがとても多いです。その分運転手にかかる経費や時間が増えてしまいます。一方で、派遣された運転手の場合は、すでにマナー教育や技術面での研修は終わっていて、運転手として経験がある人を派遣してもらえるので運転技術の面でも安心して任せることができます。

運転手の派遣は正社員と違って、勤務時間や日数を自由に決められます。また、希望条件に合った仕事を派遣会社が見つけてくれるため、仕事を探す手間が省けることもメリットです。