改善の一歩は勤怠管理から

紙のタイムカードやタイムレコーダーでの勤怠管理から、スマートフォンで打刻できるアプリを導入することで業務の効率化が可能です。勤怠管理アプリとは、スマートフォンやタブレット端末で、打刻などの勤怠情報の集計などを行えるサービスです。勤怠管理や給与計算を一元管理でき、担当者の業務負担の軽減はもちろん、従業員の働き方そのものを改革できることが期待され、導入する企業は増加しています。メリットの一例として、リアルタイムの勤務状況を把握でき、テレワークの管理も可能、打刻忘れや残業超過を防止できることなどがあります。では、どのアプリを導入すれば良いのでしょうか。アプリにも種類がありますので説明をしていきます。

勤怠管理アプリに求めること

勤怠管理アプリの種類は、タイムレコーダー型、多機能型、他業務連動型に分けられます。タイムレコーダー型は、これまでのようなタイムレコーダーの代わりに、タブレット端末で打刻するタイプです。従業員が多い店舗や塾、ジムなどでよく利用されています。記録としての打刻を重要視する場合にはこれでも十分といえます。多機能型は、文字通り、多くの機能を搭載したタイプです。従業員の細かい勤怠情報を管理できることから、テレワークなど様々な形で勤務する従業員が多い職場に向いています。単なる打刻の管理の自動化だけでなく、勤怠管理全般の改善を望む場合におすすめです。他業務連動型は、勤怠管理にとどまらず、勤怠管理と給与計算までを一本化できる機能があります。会社全体に及ぶような大きなパフォーマンスを求める際におすすめのタイプです。無料のものから料金プランはさまざまですが、自社に合った勤怠管理アプリを選ぶことが重要です。

タイムレコーダーを導入すれば、従業員の勤怠管理が効率化します。スマートフォン対応のものを選べば、いつでもどこでも打刻や管理が可能となります。